FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
シンガポール ④
2009 / 12 / 25 ( Fri )
シンガポール ③の続きで~す。


CIMG3056.jpg
リトル・インディア近くの24時間営業しているという巨大マーケットにやってきました。

義理ママはここで大量の買い物をしました。
(荷物は弟と夫と私で分担して持ちましたでも私の分だけでも相当重かったです


CIMG3060.jpg
この日もインド料理を食べることが出来て、ご満悦なママです。

しかし私たちの目の前で弟と大声で喧嘩を始めてしまいました。
(またいつもの、弟の態度や責任感がなってない!!!というもの・・・)


「ママ、弟は立派にやっているよ。ママの荷物もこうして文句も言わずに持っているでしょ? 小さなことだけど弟なりに頑張ってママのことを思っているのよ。」


と言いましたが、ママには通じませんでした


CIMG3076.jpg
この日の夜はボタニカルガーデン(庭園)にやってきました。
公園の中ではジョギングしている人あり、ベンチに座って話し込んでいる人あり・・・都会の真ん中にこんなに静かなところがあるってなんだかいいなぁって思いました。


CIMG3084.jpg
公園内の地図です。


この公園は「静かなところで座って話がしたい」というママの希望で、夫が提案してくれて来たところです。

いざ4人でベンチに座って・・・と思っていると、


「帰りましょ」


とママがソワソワしだしました。


「ん????????????


意味が分かりません。弟までも、


「座って話したいって行ってたじゃん ベンチがあるから座って話そうよ。」


とママに言いました。


だけどママはソワソワしたままです。


そしてこう言いました。


「なんでこんな不気味なところで座って話さなければならないのか・・・静か過ぎて気持ちが悪い。もっと人がいるところに行きましょう。早く、早く」


この後、ホテルに帰るまでママの公園への文句が続きました



CIMG3094.jpg
夜ご飯もインド料理~
プリです(チャパティのような小麦粉のパンみたいなものが揚げてあります)



ホテルに戻った私達。

この後、毎夜の呼び出しを受けた私達・・・私は決意をこめてママの部屋へ向かいました

(この先は続きをどうぞ)



にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
いつも応援してくださる皆さん、ありがとうございます。


CIMG3061.jpg
シンガポールの地下鉄の駅です。とってもキレイです。



ママの部屋へ入った私達。

ママはベッドに寝転び、私達はその前のイスに並んで座りました
(毎日、呼び出しはこんな感じでした・笑)


そしてママが話し始めました。


① 買い物を楽しみに来たのに全然大したことないじゃないか。
何でもかんでも高くて、楽しめるようなショッピングは一つも出来なかった

これに対して、私は「ママは買い物に時間をかけて、持って来たお金も全部使ったんでしょ? たくさんお土産などが買えたからよかったじゃない」と言いましたが、ママは不満気でした。
(持って来たお金は全額、買い物に使ってしまったママ。夫が心配して、「もしもの時ようだからね。これは絶対、帰りの空港なんかで散財してはいけないよ」と100ドル渡していました。)


② ホテルを楽しみに来たのに全然大したことないじゃないか。
キレイなことはキレイだけど、これなら〇〇(インドのどこか、前にママが行ったところ)の方がキレイだし、部屋は広いし、快適だった。こんな狭い部屋で、窓からの景色も大したことないし、何も見えないし、全然嬉しくない。

--ちなみにホテル代も私達が出しました。夫がママに喜んでもらいたいからと1泊数万円のシャン〇リラ系のホテルに滞在したにも関わらず、この言われようでした(涙)--


これは後に、私もプチキレて、「ママ! そんなこと言うけどね、このホテル高いのよ!!!夫がママのために、ママが喜んでくれるならと決めてくれたホテルなのよ!!!」と言いましたが、夫に「いいよ、そんなこと言わなくて」と静止されました。


③ ホテルのサービスが悪すぎる、ひどすぎる!!!
実は部屋備えつきのチョコレートクッキーを「お腹がすいたから」と食べてしまったママ。夫に「部屋にある食べ物はすべて有料だから、食べてはいけない」と言われ、何のために置いてあるのだ?と私達がキレられてしまいました。もちろんこの有料分を払ったのも夫ですが、ママは「インドの〇〇のホテルではクッキーもお茶もタダだったのに、なんでここはこんなにせこいのかと大層ご立腹でした。


④ 旅行の計画がヘタすぎる。
普通はホテルの周りを観光するというプランを組むべき。なのに遠い島(セントーサ島のこと?)まで行かされて、たくさん歩かされて、こんなはずじゃなかった。ホテルの周りでいいところはなかったのか。どうして遠いところに行こうとするのか。プランニングがなってない。

--ママは計画をしなかったので、その大変さが分からなかったんでしょう。文字通り、地下鉄に乗るのも、どこに行くのも全て私任せだったので、毎夜呼び出されて、散々文句を言われた後で、私達夫婦が夜遅くまで行き先のチェックや、地下鉄のルートを決めたり・・・どこに行けば喜んでくれるだろうか?と考えていることなんて伝わるはずもなかったはです。--


⑤ 弟が何も手伝ってくれない
大した荷物も持ってくれないし・・・手伝おうという気がまず無いのが問題とこれは長い時間、ブリブリと怒っていました。


ここで私はもうムカついて、ムカついて。言いたい放題のママに反撃開始です。


「ママ、弟は今日、相当重い荷物を持っていたよ。私も弟のカバンを持ってみたけど、本当に重たかったよ。弟だけじゃなくて、夫も、私も、ママの荷物を皆で分担して持ったのよ。弟はいちいちそんなこと主張しないけどね、弟なりにママが重たい荷物を持つのはかわいそうだ・・・とか十分思いやりのある子になっているよ。

それに観光の事だけどね、どこに行っても、ホテルの周りに観光地が集まっていたら便利でしょうけど、そんなところどこにも無いのよ。あなたの息子(夫)は何も言わないけど、私達、部屋に帰って毎日夜2時、3時まで、どこに行けばいいかな、どうやって行ったら一番最短かな、どのルートで行けば一番安くいけるかな?って計画を立てていたのよ。ママが喜んでくれるなら・・・ってそれで皆でシンガポールに来たんでしょ?」


私はママに気が付いて欲しかった。

24時間、起きている間中文句だらけになってしまったママ。
「ありがとう」と感謝できないママ。
いつもネガティブなママ。


それでもママと、弟と、夫と、私と、皆でシンガポールに来れたことを喜んで欲しい、と思った。
義父のことでストレスだらけかもしれないけれど、せめてシンガポールだけは息抜きをして楽しんで欲しい、と思った。



ママが一瞬話すのをやめ、考えるように下を向きました。


インドに行って以来、ママが話すのをやめたのはこのときが初めてです。


遂に話を聞いてくれるのか????


私の思いは通じるのか????





そう思ったとき、ママが顔を上げてこう言いました。








「私の友達で娘さんがシンガポールに住んでいる人がいるの。その人に前からシンガポールに一緒に行こうっていつも誘われているの。今度はその娘さんのところに遊びにくるから、もういいわ。その人のところに行けば、私が行きたいようにプランも立てられるし・・・」








ガクッ
(全然、通じてないし・苦笑)


私はこの時、思いました。


ママには何を言っても無駄なんだ・・・って。





なんだかとてもむなしく、悲しく、寂しい瞬間でした。




結局シンガポールを去るまで、毎日ママはこんな感じ。
そしてトンチンカンにママをかばい続ける夫。
逆にママに反論するなんて、私がなっていない・・・と言わんばかり。


正直、とても疲れて、とてもイライラし、夫に対しても優しくなれない私でした


スポンサーサイト

テーマ:国際結婚 - ジャンル:結婚・家庭生活

22 : 30 : 00 | インド-日本旅行 09 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<シンガポール 最終日 | ホーム | メリークリスマス☆>>
コメント
----

ああ・・・
そうだったんだ・・・がっかりだね・・・(涙)

イルカがかわいくなかった、なんてことまで文句を言うママに、もう憤りを通り過ぎて笑えてきちゃっていたんだけど・・・(幼稚園児みたい・・・)、こうやって真剣に話しても通じないなんて、本当に悲しいね。

それでもさ、旦那さんが「ママは全然感謝してくれないから、もうママには尽くさないでおこう。そっとしておこう。僕達だけで楽しめばいいさ」っていう態度だったら、夫婦の間に波風立たないと思うんだけどね・・・。

chiariちゃんだけじゃなく、多くの日本人女性には、旦那さんのママの行動や考え方、全然理解できないもん。それなのに妻を差し置いてママに尽くす旦那さん・・・これは、どこの夫婦でも喧嘩の原因になるよ~!
by: きなこ * 2009/12/27 07:49 * URL [ 編集] | page top↑
--きなこちゃん、こんにちは☆--

きなこちゃん、忙しいのにコメントありがとうv-238

でも本当に「夫よ、私の味方をしろよv-359って何度も何度もキレそうになったのよv-356それくらいうちの夫は「ママばっかり」だったわv-390。私はこのことがトラウマみたいになっちゃって、夫に何と言われようとなんだか信じられなくなったのが一番悲しいかなv-406「とっても好きだよ」とか言われても心の中で「嘘ばっかり、ママの方が好きなんでしょ?」って卑屈になったりねv-393

ママが変なのに、そのママを必死でかばう夫を見て「私、こんな変な人と結婚したんかな?」ってボーッと悩んだりね。

世間では嫁姑問題って言うけれど、私は絶対結婚したら、義理ママとも仲良くしたい!!って思ってたけど、時には努力だけではなんとも理解できない人がいるんだなぁって気がついたよ、本当に(苦笑)。
by: chiari→きなこちゃん * 2009/12/31 13:21 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://turtlan.blog118.fc2.com/tb.php/406-2db1a738
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。