FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
シンガポール ②
2009 / 12 / 20 ( Sun )
シンガポール ①の続きで~す。


CIMG2651.jpg
セントーサ島に行きました。

セントーサ島に行くには、モノレール、バス、ゴンドラなどの方法があるそうです。私達はモノレールを選びました。


CIMG2657.jpg
セントーサ島内には3つの駅がありました。
(一番左のセントーサ・ステーションがシンガポール市内の駅。ここからセントーサ島へ向けて、モノレールが出ています。右の3つの駅がセントーサ島内の駅になります)


CIMG2658.jpg
これがモノレール。とっても華やかなデザインの電車です。


CIMG2663.jpg
港湾都市シンガポールならではの風景です。

大きな船への積荷が港のあちこちで行われていました。


CIMG2668.jpg
Welcome to SENTOSA~
セントーサへようこそ~


CIMG2670.jpg
セントーサ島に入るや否や、大きな工事が行われていました。

ここは2010年(2011年だったかも)にホテルなどを併設した巨大なアミューズメントパークになる予定だそうです。


CIMG2695.jpg
ドルフィン・パークへイルカのショーを見にやってきました。
(この空模様、実は真上で雷がバリバリ鳴っていてちょっと怖かったです~


CIMG2696.jpg
既にこの中で何頭ものイルカ達が泳いでいました。


CIMG2697.jpg
お姉さんやお兄さんが出てきて、水面を叩いたり手をグルグル回したりして、イルカに指示を与えます。


CIMG2704.jpg
イルカが真ん中でジャンプしているのが見えますか~?
(写真が小さくて見にくいですね ごめんなさい~


CIMG2712.jpg
観客の中から「服が濡れてもかまわない人~」と呼びかけ、選ばれた二人がドルフィンを実際に触って記念撮影をしていました。


CIMG2716.jpg
最後はお兄さんと一緒にイルカ達が「ヨイショ」とヒレを持ち上げて、バイバイ~をしてくれました。
(かわいすぎる


しかしこの後、このイルカが原因で夫と喧嘩をしてしまいました
(詳しいことは続きに書きますね~)


CIMG2733.jpg
次の目的地アンダーウォーターワールドへやってきました~。

アンダーウォーターワールドは水族館のようなところです。


CIMG2770.jpg
水槽の中の魚さんたちがとてもキレイです。あんなふうに優雅に泳いでみたいものです。


CIMG2781.jpg
ユーラユーラ。これは一体何でしょうね?
(先の方にちゃんと目が付いているんですよ~)


CIMG2789.jpg
クリオネですよね?北海道にいるという・・・


CIMG2797.jpg
巨大蟹。夫のツボにはまったようで、何度も蟹との完璧なコラボ写真を要求されてしまいました。
(蟹でここまで興奮する人、初めて見たわ・・・と言っておきました


CIMG2844.jpg
くらげちゃんたち。ゆーらゆーら、本当に気持ち良さそう~


CIMG2863.jpg
外には亀のいる水槽もありましたよ~


CIMG2894.jpg
この亀が、私達に食いついてきてくれました~
(イヤ、本当に食いついてきたわけではないんですけどね、指差していると「オッ?」という感じで興味を示してくれたようです


CIMG2908.jpg
サービスなのか? 目の前でこんな大きなあくびを披露してくれました~

それを見て私達、ゲラゲラ笑っちゃいました~
亀さん、楽しい時間をありがとう~



シンガポール②はここまでです。

この日のストレスについて、「続き」に書きました。
「いつまでも懲りないね、この夫婦は。今日は一体何なのさ?」と愚痴を聞いてくださる優しい方は「続きはこちら」をポチッと押してみてくださいね~







にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
いつも応援してくださる皆さん、ありがとうございます。
CIMG2711.jpg
ドルフィン・パークのイルカちゃんです

キュンキュン鳴いて、とてもかわいいんです。



実は最初、弟が「水族館に行きたい!!!!」ということで、水族館にだけ行く予定でした。

ところが調べてみると、

水族館の入場料が約20シンガポールドル

ドルフィン・パーク+水族館を合わせた入場料も約20シンガポールドル
(特別なパッケージ料金だそうです。)

同じ値段だったんです。

だったら弟もママもイルカなんて見たことがないだろうし、これはいい機会だからドルフィン・パークにも行こうよ!!!ってことになったんです。
(夫と、「ママも弟もビックリするだろうね~かわいいから、すっごく喜ぶだろうね~と私達も楽しみでした)



でも実はこれは私達の都合(?)だったみたい?

どうせ同じ値段を払うのであれば、色々見られた方がいいに決まっている!!!と思うのは私と夫だけだったようです。

だって入場料を払うのは私達(4人分ね)。なのでお金を出さないママにはこういう考えが無かったんです





その日の夜、ママに部屋へ呼び出され・・・



「なんでドルフィン・パークなんか行ったのか? イルカはかわいいと思っていたのに、あの汚いものは何なのだ? 全然かわいくもなんともないのに、わざわざ時間を割いて行く必要があったのか? それならもっと他のことをしたほうがよかった。時間の使い方というものがある・・・」


みたいに延々と文句を言われてしまいました
(何でそうなるの!!??)



それでね、私はプチンとキレてしまったんです



「あのイルカのどこがかわいくないのか? とってもかわいかったと私は思います。」



と。



ママから開放された後も私はイライラ


なのに夫がね~


「ママはイルカとか見たことないからビックリしたんだよ。あんなこと言ってるけど、楽しかったんだと思うよ。」


とトンチンカンにママをかばいだし・・・挙句の果てには、


「Chiariちゃんもあんなにムキになって言う必要は無いよ。ママも本気であんなこと言ったんじゃないんだし、ちょっと失礼に聞こえたよ・・・」


といった感じのことを言ってきたんです!!!!


私の頭の中は「???????????????」→本当にこんな状態



「っていうか・・・誰が失礼? このわ・た・しですかっ!!!???」と。



私にしたらこの親子・・・意味不明なんですけど、という感じでした。



そして色々考えていたらイライラしてきちゃいました。
(もちろんママからはもっと、上に書いたことの100倍ほどのことをグダグダと言われていたので・・・)



こんなに頑張って計画しても、全然楽しんでもらえてないんだぁ~ととても悲しくなり、その日は涙が止まりませんでした。本当に喜んでもらいたい!!と思って計画したのに、どれもこれもダメだし、文句、説教の毎日で、正直一緒に旅行に来たことさえ後悔しました
(しかも夫とも喧嘩しちゃうし・・・やっぱり二人で来たほうが問題もなく、もっと色々楽しめたのになぁ~って思いました)


しかし私も言われっぱなしはイヤだ~ってことで、次の日の夜の呼び出しの時、遂に反撃に出ることにしました~。
(これはまた後日、書きますね)


興奮して、長くなってしまいました。
最後まで読んでくださった皆さん、どうもありがとうございます


スポンサーサイト

テーマ:国際結婚 - ジャンル:結婚・家庭生活

22 : 29 : 02 | インド-日本旅行 09 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<シンガポール ③ | ホーム | I WANT IT>>
コメント
--負けないで~~!!!--

chiariさん可哀想すぎます!
お姑さんにそんな言いたい放題言われた上に旦那さんにも味方してもらえないなんて、ひど過ぎる!!

そんなひどいお姑さんがいるんだ・・・とちょっとびっくりです。
きっとchiariさんがやさしいからつけあがってるんだと思います。
私は鬼嫁だから、義両親の方が遠慮します・・・。

インド人女性は、結婚するとびっくりするくらい旦那さんに口答えしなくなって、そのままずるずる旦那さんや旦那さんの家族にいいようにされている気がします。
男性もそんな図式を当たり前と思っている節があります。
インド人女性は文化的な背景から「離婚」を切り札にできないからでしょうね。

外国人妻ってことを最大限利用して、無礼もなにも気にせずはっきり言っていいと思います。
「意地悪すると、将来、孫の顔を見せないぞ」くらいの勢いでがんばってください!
by: Ai * 2009/12/21 01:48 * URL [ 編集] | page top↑
--呼び出されるって、、--

Chiariサン、こんばんわ!!
楽しそうな感じなんだけど何が不満なのですかね?
水族館行ってイルカのショーも観れたら最高ですよね、しかも同じ料金で、普通なら「でかしたぞ
嫁サン、節約上手!」って褒められるのでは、、それを呼び出して「つまらない」とはどういう
神経なのかな、ならば自分が行きたい所をリクエストしといて欲しいですよね
全て任せといて気に入らなければ文句を言うなんて、「わがまま大魔神」(勝手に命名)ですね。
しかも味方になるはずの旦那さんも大魔神に加担するとは、男の僕からしてもこれはダメですよ、
「母がわがまま言って苦労かけてゴメンなぁ」が本当でしょうに
次の日の反撃に期待しています、頑張れChiariさん!!

 水族館のユーラユーラの正体は「チンアナゴ」というアナゴの仲間ですよ、
名前は犬のチンに顔が似てるからなんですよ、白黒模様のなら似てるんです、以上、マメ知識でした。
 
by: NOBU * 2009/12/22 03:03 * URL [ 編集] | page top↑
--Aiさん、こんにちは☆--

Aiさん、コメントありがとうv-398

私は滞在中、何度も義母の言うことにイライラしちゃって、何度も「それは違う」と言い返していたんだけど、夫は「うん、うん」と神妙に聞くだけで私が何か言うたびに義母の味方をしていました。

だから義母は夫が大好きなのかな?って。いつも話を聞いてくれて絶対に口答えしたりしないから。逆に弟は(そして今となっては私もですが)、義母の言うことに反論したり、それは違うんじゃないか?などと毎回言うので、喧嘩になったり、更に嫌味を言われたりするんですよね。

インドに行く前は週に2回の電話時も毎回電話に出て話すのが義務のようになっていましたが、今はそれを拒否しています。せめてもの抵抗だと思って(苦笑)

義母のイライラは義父とのストレスから来るようで、じゃあ離婚すればいいのにぃと私は思ってしまいますが、Aiさんもおっしゃるようにインドで離婚をするなんて、特に義母の世代ではとても考えられないことみたいですね。

ただ私としては、そのストレスをこんな形で弟や嫁にぶつけてもいいのか・・・?って疑問なんですが、夫曰く「家族だからママが大変なときは支えないといけない」ようで、私なんか「まずは私を支えてよ」なんて思っちゃってますv-398

by: chiari→Aiさん * 2009/12/25 15:15 * URL [ 編集] | page top↑
--呼び出し・・・怖いですよ、エンドレスなんで(笑)--

本当~にNOBUさん、ママは「わがまま大魔神」でしたよ~。
(それにしてもいつも、最適な表現をしていただいて勉強になりますv-398

最初に計画するときに「ママはどこに行きたいの?」と聞いても「知らないところなのに、そんな急に言われても・・・」とか「計画してよ、どこにでも行くから」とか適当に言われた末にこれでしたから、本当に参ってしまいましたv-393

それに本当に夫に味方になって欲しいときに、夫は常にママの肩をもっていたので、正直夫にも「なんでよ?」と失望してしまいました。

インドが嫌いになったわけではないけれど、今度からインドに行くたびにこの状態であるならば、インドには行きたくないなぁ~って思ってしまう自分がいます。夫にさえ味方をしてもらえていたら、もう少し私も柔軟に考えることができたのかもしれませんが・・・。

水族館のあれは「チンアナゴ」って言うんですか~アナゴよりはとっても小さいのに、アナゴの仲間なんですね~またまた勉強になります。豆知識、どうもありがとうございますv-435
by: chiari→NOBUさん * 2009/12/25 15:23 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://turtlan.blog118.fc2.com/tb.php/404-d42deea1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。