スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
⑨ チェンナイの風景2
2009 / 11 / 28 ( Sat )
旅行記の続き、引き続きチェンナイ編です。

チェンナイではホテルに滞在しました。
理由は、祖母の家に親戚が押し寄せているから
(私達が来るということでたくさんの親戚が会いに来てくれました:ってほとんど知らない人だけど・・・

CIMG1633.jpg
ホテルへ向かう道です。
(見た目キレイですが、実は結構なデコボコ道です)


CIMG1631.jpg
宿泊したホテル。
ホテルの前では地下鉄の工事が行われていました。
ってインドで地下鉄大丈夫なのと宿泊先よりもそっちの方が心配で


CIMG1402.jpg
ドアマン。頼んでいないけれどポーズを決めてくれました。
(このドアマン、見かけとは違いめちゃくちゃフレンドリーでした。)


CIMG1432.jpg
なんだかイギリス植民地時代の名残?と言う感じのブリティッシュ気分満々のホテルです。


CIMG1437.jpg
ロビーでチェックインです。


CIMG1444.jpg
幸せの鐘。なんでもピカピカ、キラキラの装飾です。


CIMG1446.jpg
エスカレーター。中もキラキラでした。


CIMG1468.jpg
部屋からみたチェンナイ。チェンナイ中心部ではないけれど、本当にどこを見てもゴチャゴチャした感じでした。


チェンナイ滞在中は・・・


① 朝起きて朝食
② 準備をしてお祖母ちゃん宅へ
③ たくさんの親戚とお話(一日中)
④ 夜は花火(光のお祭り、ディワリ近くだったので)
⑤ 2年前の結婚アルバムの再発注(っていつの話だ?って感じです)


特に③は私は何もすることがなく、一日イスに座っているだけなので本当に退屈でした。


皆は周りでタミル語で。テレビもタミル語で。


夫に意味を聞くのも疲れちゃったというくらいタミル語を聞いていました。


時々、親戚の人が「タミル語は覚えたの?勉強しているの?」と聞いてくると、ママが「ナーイ(犬)とかプーナ(猫)とかは覚えたのよ~面白いでしょ~」と言って親戚中で笑う・・・ということが一日中繰り返されました。


8歳の子供にまで、


「じゃあナーイ(犬)って言ってみな」


と命令され、


「ナーイ


と言うと私の発音に親戚中で大爆笑というとっても悲しい~時間が毎日毎日延々と流れたのでした。


CIMG1524.jpg
夜は花火をする前に皆で花火を買いに行きます。
花火屋さんの特設テントはこんな感じ。


CIMG1526.jpg
上の方で注文を受けて裏から頑張って出してきてくれる花火屋さん


CIMG1539.jpg
花火はこんな箱に入っていたり・・・
(多分、日本ではねずみ花火って呼ばれるのかな?シュルシュルと輪になって上がる花火です)


CIMG1540.jpg
こんな箱に入っていたり・・・
(この箱の絵はどういう理由で? と思う箱も多々ありました。理由なんて多分要らない。どこから取って来ようがノープロブレムのインドなんです)


後日ムンバイに帰宅してからも花火を買ってあげるんですが、総評するとインドの花火は日本の花火のようにきれいな商品ではありません。

火薬が横から覗いていたり・・・紙が破れて火薬の粉が箱に溜まってたり・・・

火の近くで遊ぶときは要注意の花火たちです。


CIMG1541.jpg
夜になって夫とママと近所の子供と一緒に花火大会でした。


CIMG1558.jpg
キレイに筒からあがった花火です。

インドの花火は不発も多いです。筒を立てて火をつけても明らかに不発のような花火が一箱にいくつか混ざっています。

不発だと子供が覗きに行くので、私は冷や冷やしてしまいました。


+++

ホテルでの朝食です。


CIMG1573.jpg
こんなバイキングスタイル。


CIMG1575.jpg
こんな感じで取ってみるものの、あまり食欲がなくほとんどを夫に上げてしまいました。


CIMG1578.jpg
ホテルのレストラン。
どこに行っても豪華絢爛の装飾でした。(クオリティはさておいて・・・・の話ですが)



CIMG1656.jpg
数日の滞在を経てようやくムンバイへ帰る日です。
空港の管制塔?かどうか分かりませんが・・・インドの空港はこのように赤白のチェックの管制塔や建物が多いです。


CIMG1659.jpg
2年ぶりのチェンナイ。
またしばらくのお別れです。


CIMG1661.jpg
インド東岸に位置するチェンナイは長~い海岸線を擁しています。
一度海の上空にでてから、左旋回をして北西に位置するムンバイを目指しました。

このまま海に出て直進すれば4時間後にはシンガポール。
このとき、このままシンガポールに行ってしまいたい・・・と心の中で強く願ったことは夫には内緒です。


CIMG1663.jpg
しつこいほどに載せますけど・・・
帰りの機内食です。見事に・・・っていうか来るときと同じ? いえいえ、味が微妙に違うみたいです。



上記の「言葉について」そして「結婚アルバムについて」はまた後日、詳しくUPします。




にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
いつも応援してくださる皆さん、ありがとうございます。
スポンサーサイト

テーマ:国際結婚 - ジャンル:結婚・家庭生活

18 : 02 : 17 | インド-日本旅行 09 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<2年前のウエディングアルバム | ホーム | ブラックフライデー>>
コメント
--ホテルが豪華ですね--

Chiariサン、こんにちわ!!
 泊まられたホテルはキレイですね、宮殿みたいな内装ですね、僕なら落ち着きませんよ(笑)
親戚の集まりはやっぱり退屈だったんですね、言葉が分からないなら辛いですね、
8才の子供にまで「~って言ってみな」なんて言われたら「うるさいわボケ~」って、言えませんよね
これは仕方ないですよね旦那さんの親戚の方がわざわざ集まってくれたのですから。
 帰りの飛行機をハイジャックして「このままアメリカへ向かへ!!」って
しなかったChiariサンはさすが?(そんなアホなぁ~)
 インドに地下鉄ってどうなんですか?地下に人が溢れ返ってるのも怖い気がしますね。
 
by: NOBU * 2009/11/28 22:09 * URL [ 編集] | page top↑
--NOBUさん、こんにちは☆--

ホテルは豪華に見えますか~? でもそこはインドなので・・・日本の清潔なキレイとは違う次元のキレイのような気がします。
(インドって家庭では掃除機使わないんですが、このホテルでも掃除機は使わず全てほうきで掃除していました、というと何となくジメジメ、埃っぽい?感じが分かってもらえるでしょうか?)

ハイジャック・・・本当にしたかったですよ~ついでに義理ママもおろして・・・っとって言うわけにはいきませんよね(苦笑)

インドに地下鉄・・・私もなんだか大丈夫?って思ってしまいます。モノレール?用の高架の一部がインドのデリー(だったと思う)で落ちていた事故があったばかりなので、地下・・・大丈夫なの?と。地面が落ちてこないかヒヤヒヤしそうですv-404  
by: chiari→NOBUさん * 2009/11/30 15:00 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://turtlan.blog118.fc2.com/tb.php/391-19190673
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。