FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
④ 夢の国へ 四
2009 / 11 / 15 ( Sun )
モルディブ旅行の続きです。


CIMG0558.jpg
またまた食事の写真です。
この日は、フィッシュカレーが出ていました。私達が滞在したリゾートはタイ系のリゾートだったので、タイ料理もチョコチョコと出てました。ということで、このフィッシュカレーは一応タイカレーという位置づけでした。


CIMG0566.jpg
ウォーターメロン・ジュース。スイカのジュースです。毎朝、フレッシュなジュースが出てきました。


CIMG0569.jpg
水上ビラ郡のフロントです。水上ビラは海の上に立っているので、いつもいつも風通しが良くて、暑いんだけど心地いい風が吹いているという感じの気候でした。


CIMG0570.jpg
本当に魚がたくさん泳いでいます。毎朝、スタッフさんが餌をあげるんですが、魚の数が多すぎて、餌を奪い合う光景が少し・・・興ざめしてしまいました。
(公園とかの池の鯉が餌を奪い合って、重なり合って・・・という感じ)


CIMG0601.jpg
本島のレストランに軽い昼食を取りに来ました。
本当は予約が必要だったみたいですが、予約なしでもすんなり入れてくれました。


CIMG0609.jpg
レストランの吹き抜けの窓から外を見ています。
ずっとここに座って、この景色を眺めていたいと思ったほど気持ちのいい場所でした。


CIMG0615.jpg
スタッフさんは、男性はモルディブの民族衣装?みたいなスカートみたいなのをいつも着用されていました。


CIMG0616.jpg
昼間からアルコールもどうかと思い・・・コーラとスプライトで乾杯しました


CIMG0625.jpg
このピザ、アメリカであれば冷凍で買えそうなピザですが・・・
侮ってはいけません。これは私が今までに食べた中で一番高いピザになりました
(ちなみにレストランの飲食は全てお部屋につけてくれます。チェックアウトの時に一括して支払うシステムになっていました)

ピザを食べながら、スプライトを飲みながら、窓辺で風に吹かれながら、Scribbleのゲームをしました。
(スクリブル・ゲームは持ち手のアルファベットと、ボード上のアルファベットを組み合わせて単語を作っていくゲームです)


CIMG0632.jpg
こんな感じで単語を作っていくゲームです。
そして分かりますか~左側を見てみてください!!!


CIMG0634.jpg
LOVEの文字、完成させていただきました~
(ヤッター

とこんなことに興奮しながら、コツコツとゲームを楽しみました。


CIMG0659.jpg
水上ビラの方へまたドーニ(船)で戻ってきました。
ドーニの中は結構このように広いです。


CIMG0671.jpg
またまた夕日です。
夕日がとってもとってもキレイで、毎日見とれてしまいました。


CIMG0686.jpg
今日も1日終わるのか・・・と毎日思いました。
何をやったわけではないんだけど、とっても満たされた気持ちになりました。


CIMG0739.jpg
夜の水上ビラです。
夜はとても涼しいので、夜にプールに入っている人たちもたくさんいました。


CIMG0759.jpg
この夜は二人でバーに行きました。
夫はなんとかモヒートを(多分シトラス系)、私はベリーベリー系のカクテルを飲みました。


CIMG0764.jpg
朝の風景。
朝はとってもすがすがしく、空気も澄んでとても心地良いです。
登ってくる太陽がとってもまぶしく、それが海面にキラキラと反射して、それだけで光のショーのようになっていました。


CIMG0775.jpg
この日はスモークサーモンがありました。
おーっ!!!と興奮して、食べました


CIMG0779.jpg
パイナップル・ジュースです。
毎朝、レストランのウェイターさんが「今日はお飲み物は何にされますか?」と聞きにきてくれます。
初日から「パイナップル・ジュースはありますか?」と聞いていた私。毎日「オレンジジュース、ウォーターメロンジュース、マンゴージュースはありますが、パイナップルジュースはないですね・・・スミマセン」と言われていました。

この日は、私達を見つけるや否や「マム、今日はパイナップルジュースがありますよ!!!」と満面の笑みで教えてくれたウェイターさんなのでした。


CIMG0839.jpg
イカさんです。
イカさんは英語でcuttlefish。「カローフィッシュ」に近い発音です。


CIMG0840.jpg
さんご礁?
滞在中、スノーケリングもしました。
(この話は、後日・・・)


CIMG0866.jpg
本島にまたまた渡り、島を1周しました。
島ではダイビング教室なども開催されていましたよ。


CIMG0895.jpg
何の実でしょう? パイナップル?


CIMG0896.jpg
「うぉ~ヤシの木だよ。アリゾナみたいだね~」と二人で大興奮。
実際は海もあってアリゾナとは全然違いましたが


CIMG0951.jpg
この日の夕日もとってもキレイでした。
毎日夕日も朝日も一日として同じ日はなかったです。
忙しく暮らしていると、そんなことに気がつくこともないんだけど、毎日ボーッと夕日を眺めていると、昨日とは違うんだぁ~今日は今日、明日は明日、毎日時間って過ぎているんだな、もっと毎日じっくりと時間を大切に過ごしてみたいな・・・と思いました。


CIMG1032.jpg
夜のレストランです。
このレストランはイタリアで有名なシェフが監修しているとのことでした。


CIMG1035.jpg
各テーブルのライトも幻想的です。


CIMG1045.jpg
アペタイザー。パンがもっちりととてもおいしかったです。


CIMG1052.jpg
メインのスピナッチ・パスタ。
スピナッチ(ほうれん草)=鉄分? ということでオーダーしましたが・・・私でも作れるかな?と思ってしまいました
(シェフさん、ごめんなさい


CIMG1056.jpg
デザートのチョコレートなんとか・・・です。
甘すぎず、とってもおいしかったです。


CIMG1086.jpg
忘れてはいけませんね。朝食のバッフェの様子です。


CIMG1088.jpg
パンや飲み物の種類は豊富にありました。
私はここから好きなパンを選ぶのが毎朝の楽しみでした。


CIMG1138.jpg
滞在短く、インドに戻る日がやってきました。
再び水上飛行機に乗って来た道を戻ります。


CIMG1190.jpg
また必ず来るぞ~と心の中で誓いました。
夫は「もうこんなところ、来れないだろうね~」と言っていましたが(夫はかなり奮発してくれたので)、私は「いいや、また絶対に戻ってくるよ!」と言いました。
(もちろん夫は苦笑い


CIMG1199.jpg
2回ほど別のリゾートによりながら、ようやく首都に戻ってきました。


CIMG1244.jpg
モルディブの空港で。帰りも同じように徒歩で飛行機に乗り込みます。
短かったけれど最高のハネムーンになりました


CIMG1262.jpg
エア・インディアの機内食。
これは辛すぎて残念ながら食べられず


CIMG1264.jpg
インド上空です。
長い海岸線が見えますか? インドは3角形の国ですが、南からその1辺に対して入ってきているところです。


CIMG1269.jpg
中継地のバンガロール国際空港です。
ここで再度、入国審査、国内線ターミナルへの移動をしました。


CIMG1276.jpg
バンガロールでのセキュリティーチェックの風景です。
インドではいつもセキュリティーチェックは必ず男女別々です。

左側が男性用。こちらは台の上に立って皆がボディチェックを受けています。(もちろん目隠しも何もありません)

右側が女性用。カーテンの中の個室でボディチェックを受けます。ボディチェックと言ってもピッ、ピッとなる電子棒みたいなのを、体の隅々まで振るだけ。体に直接当たることはありません。


CIMG1293.jpg
バンガロール空港で撮影した、キングフィッシャー航空の女性陣です。


以上がモルディブ旅行記です。

長年モルディブに行ってみたかった私の願いを聞いてくれた夫にはとっても感謝しています。

できればまた行きたい、今度はもっと長く、のんびりと行って見たいと思える本当に夢のような島でした。

同時に、モルディブは常に「沈んでしまうかもしれない」という現実と戦っている国であるということにも気付かされました。

モルディブの大統領が先進諸国へ向けて、「地球温暖化を早めるような、開発ばかりではなく、もっと太平洋に浮かぶ小さな島々の未来や、環境保全についても考慮して欲しい」との声明を発表していますが、アメリカや日本に住んでいるとそのような声は聞こえてこないばかりか、「まさか沈まないだろう」という考えにさえ至ってしまいがちです。


今回モルディブに行って、事態はもっと深刻であること・・・に気付かされました。
(多くの島々で、砂浜が流失し、島の面積が劇的に減っています。そのために砂浜の保護・・・コンクリートや岩で島の周りを固めたり・・・という処置がなされているようですが、根本的な解決にはなっていません)


今までは「モルディブってなんだかロマンティックでステキなところ」としか思っていなかった私ですが、実際に行ってみて「沈んで欲しくない」と強く思ったし、「それに対して、日本やアメリカ・・・じゃなくても私自身ができることって一体何があるんだろう?」と考えさせられました。


でも本当はモルディブだけじゃなくて、世界中の大洋にある島々がこういった危機に瀕しているんですよね。大国がとても便利に発展している裏では、明らかに犠牲になっている地があるのだという現実。とても考えさせられた旅になりました。



にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
いつも応援してくださる皆さん、ありがとうございます。
スポンサーサイト

テーマ:国際結婚 - ジャンル:結婚・家庭生活

21 : 16 : 02 | インド-日本旅行 09 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<⑤ 義母の変化 | ホーム | ④ 夢の国へ 参>>
コメント
--行きたい~!--

Chiariサン、こんばんわ!!
またまたアップされてますね~!!
ブログ観てるだけで癒されますよ、どんだけステキな所なんでしょう~スゴイの一言!
 ゲームでLOVEの文字一番に目が行きましたよ、この言葉が出る位
幸せな時間を過ごしたのがよく分かりますね!
ウエイターさんがパイナップル・ジュースの事を覚えてくれてるのにもビックリ!
サービスもまさに満点なんですね!
 環境問題(温暖化)の事も気になりますね、自分の住んでる国だけではなく
モルディブのような小さな島の事も頭に入れて考えなくてはと、、
Chiariサンのブログでひとつ勉強になりましたよ!
by: NOBU * 2009/11/16 11:01 * URL [ 編集] | page top↑
----

モルディブ!素敵なハネムーンでしたね。私も行ってみたくなりました。 
でも、ただ気分に浸るだけじゃなくて、多くの砂浜が沈んでいくのを目の当たりにして自分にできることは何か?と思うChiariサンも素敵です!加えて、Chiariサンの話していたことをちゃんと覚えていて計画してくれたなんて、だんな様もほ~んと素敵!!!
結構気の張るインド里帰り旅行みたいでしたが、こんないい思い出ができたんですからプラスマイナス=0でしょうか?
続きのMy Way Mom の話が早く聞きたいです。(ちょと不謹慎…ごめんなさいです。)
私も日本に戻って、Chiariサンと同じく、〇ケンのわかめちゃんや〇だしなどいっぱいSATYで買って来ました。やっぱり日本はいいですね。
by: チャッピー * 2009/11/16 12:17 * URL [ 編集] | page top↑
----

Chiariさんの詳しい描写のおかげで、
私も何だか行った気分に浸れましたよ~♪
本当にとっても素敵な時だったんでしょうね~!

それにしてもインディアの機内食のほうが
AAの機内食より断然おいしそう(笑
機内食って、どうしたらあんなにおいしくないのが作れるんだろう?苦笑

インドのセキュリティチェックもやはり男女別々なんですね!!
by: Eri * 2009/11/16 13:59 * URL [ 編集] | page top↑
--NOBUさん、こんにちは☆--

本当に至れり付くせりのサービスと環境でしたよ~
「LOVE」の文字、気付いてもらえましたかv-398あの頃は(ってもう遠い昔です・苦笑)本当に幸せな時間だったなぁとつくづく思います。

モルディブの政府は、本当に様々な環境問題に取り組んだり(亀の繁殖研究とか、砂の流失防止研究とか、珊瑚を守る運動とか)、環境を守ろうと世界に呼びかけたりしているようです。大国のえらい方々ももっとこうした声に耳を傾けて欲しいなぁと思いました。私達一人ひとりができることは限られているけれど、もっとアメリカや日本といった国が何かできないのかなぁ?って。

あんなにキレイな場所なのに・・・ととてももどかしい気分です。
by: chiari→NOBUさん * 2009/11/16 21:16 * URL [ 編集] | page top↑
--チャッピーさん、こんにちは☆--

チャッピーさん、いつもありがとうございます!!

本当にモルディブはステキなところでしたよ。機会があれば皆さんにも是非行って欲しい!!!って本気で思いました。

モルディブ旅行でプラマイ0だったかどうか・・・難しいところですね(笑)
インドでは悲しいこと、腹立たしいことがあるたびに、モルディブ旅行を思い出し、日本旅行を夢見て頑張れたので、そういう意味ではとっても助けになりましたよ。

チャッピーさんもわかめなどを買って来られたんですね~v-398
ああ~SATYのことを思い出しただけで、帰りたくなってしまいます(苦笑)
by: chiari→チャッピーさん * 2009/11/16 21:20 * URL [ 編集] | page top↑
--Eriさん、こんにちは☆--

Eriさん、いつもコメントありがとうございます。

モルディブは想像以上にキレイでしたよ~
アメリカのでっかい空も好きだけど、モルディブのでっかい海もまたとっても癒される景色でしたv-398

インドの機内食はとても充実していてビックリしました。
EriさんはAAを使っておられるんですね~私はいつもUAですが、例えば2時間の国内線とかだと、飲み物だけとかいうときもあって、私は今までそれが当たり前だと思っていたんです。

でもインドだと2時間の国内線でもしっかりとした食事がでてくるんですよ~しかも飛び立つ前にボトルのレモネードが配られたり、至れり尽くせりでした。

そしてアメリカでは「ビーフ オア チキン?」ですがインドでは「ベジ オア ノンベジ?」でしたよ(笑)なるほどなぁ~って思いましたv-398
by: chiari→Eriさん * 2009/11/16 21:25 * URL [ 編集] | page top↑
----

モルジブはすごくいいところだったんだね~(*´∇`*)
もう写真を見ているだけでもかなり満足しちゃったよ(笑)

そういえば環境保護について、日本や他の国がどんなに頑張ったところで、世界のCO2の二割はアメリカが(1国だけで)出しているから、アメリカが何とかしないことには、非常に難しいって聞いたことあるよ。

アメリカではあんまり環境保護とか省エネとか、皆は関心が無いのかな?
by: きなこ * 2009/11/17 07:14 * URL [ 編集] | page top↑
--きなこちゃん、こんにちは☆--

きなこちゃん、コメントありがとう♪

アメリカのCO2の量って本当にすごいんだね。私も前にアメリカが突出してすごいって聞いたことがあるけど・・・残念ながらアメリカは個人レベルでの環境保護や省エネにはす~~~ごく無頓着だと思う。(理解あって実践している人もいるとは思うんだけどね)

例えば日本だと資源ゴミとかってすごくうるさいじゃない? 私の実家はそれこそ瓶の色(透明、緑、茶色)とか、ペットボトルとそのキャップは別に・・・とか細かく決まっていたけど(って日本ではこれが普通だよね?)、アメリカは何でもかんでも一緒だしね。リサイクルの日が決まっていて、うちはペットボトルや瓶、新聞や雑誌などはその日に出しているけど、出していない家庭の方が周りには絶対多いよ。

それに省エネに関しては、多分アリゾナでは1年中、エアコン点けっ放しの家が多いんじゃないかな? 夏は点けてないと死んじゃうくらい暑いんだけど、冬は消しても大丈夫そうな日もあるんだけど、そもそも省エネっていう概念があるのかな?って。

日本のように資源ごみの分別を!とか省エネ!!とかそういうことをこっちではあまり言われないから、個人的に考えている人は少ないのかも。残念だよね。
by: chiari→きなこさん * 2009/11/17 21:21 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://turtlan.blog118.fc2.com/tb.php/383-d2614295
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。