FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
お風呂掃除とサーバント(インドでのお手伝いさん)
2009 / 06 / 05 ( Fri )
アメリカのシャワーは「お風呂」ではないので「お風呂掃除」とは言わないのかもしれませんが・・・


毎日使うところなので、汚いと気になってしまいます。


あまりにも「お風呂掃除、お風呂掃除」とシャワー室を掃除したがる妻を見かねたのか・・・


夫がこんなものを買ってきました。


CIMG0940.jpg
その名も「オートマティック シャワー クリーナー」

自動でシャワー室を掃除しますよ~って感じなのかしら。


早速夫がシャワー室に取り付けてくれました。


CIMG0938.jpg
箱の中身はこんな感じ。


CIMG0943.jpg
このハンガー洗剤入れ洗剤噴射装置を果たすもの


CIMG0944.jpg
洗剤? ソープ? これが噴射される模様。


CIMG0946.jpg
セッティング完了。シャワー掛けのところに一緒にブラブラと不安定にぶら下がってしまいました。シャワーが使いにくそうだし、邪魔そうだしと心の声は言うけれど、夫がせっかく買って来てくれたので、とりあえず様子を見てみることに。

設置する夫は嬉しそうだし、私のためにやってくれている気満々なので・・・あえてここは何も言わず。


CIMG0948.jpg
シャワーを浴びた後に1日1回、上の青いボタン(のところ)を押すと、下の半球(のところ)がむやみやたらと廻ってシャワー室全体に洗剤を噴射してくれるのだとか。

翌日シャワーを浴びるときに、気持ち程度に壁に水をかけておけば・・・・2,3週間後にはビックリのピカピカになるらしい。


ということで、いつも夫の後にシャワーを浴びる私がこのボタンを押す役目を命じられました。


本当にこんなのでピカピカになるのか? 半信半疑ではあるけれど、試してみることになりました。


にしても、こんなのでピカピカになるんだったら・・・シャワー室掃除のいらないこちらの方々は楽だろうなぁ。


「お風呂掃除」といえば、日本ではパンツを膝までたくし上げて、腰を曲げて上半身をお風呂の中にいれながらゴシゴシとこすったりしていたけど・・・「お風呂」の無いアメリカでは、こんな簡単に掃除できてしまうのね、と考えてしまいました。
(☆アメリカにもバスタブと呼ばれるものはありますが、深さがないのでなかなか肩までつかって、ゆっくりとは出来ないかなぁ。肩までつかるためには天井見上げて思い切り寝ないと無理かな・・・という感じです)


何はともあれ、これから3週間はこの洗剤噴射でシャワー室がちゃんと掃除されるのか、様子を見てみることになりました。




実は私、別にシャワー室掃除がダイキライとか苦痛と言うことは無いんです。

それに毎日毎日、ゴシゴシ壁を磨いたりなんてしているわけでもなく・・・

アリゾナは埃が溜まりやすいので、気がついた時に壁を磨いたりとかちょこちょことしているだけなんです。

同様に、家の中も1日いるだけで結構な埃が溜まってしまうんですよね。風の強い日はドアを開けるだけでドアの前がザラザラしてる?と思うくらい。

なので頻繁にあちこちと気がついたら掃除をするんですが・・・

夫がとても気にするんです。なぜなら彼曰く、インドではお手伝いさんがいつも掃除をしてくれていたから。

あちこちと忙しく掃除しまわる妻を見ると「妻にサーバントみたいなことをさせているのか・・・」と思ってしまうらしい。

また話の流れで、ママに「あなたは妻をサーバントのように使っているの?」と思われるのが嫌なよう。

って誰もそんなこと思わない気がするんだけど・・・と私は思うんですが。だって普通に家の中の掃除をして・・・って苦痛でも何でもないし。

でもことあるごとに「家の掃除は週に1回でいいよ」とか、「そんなこと、あんなことはしなくていい」とか口うるさく言う夫なのです。

自分が手伝うわけでもなく、あれもこれもしなくてもいい・・・って言われたって、じゃあ誰がやるの?と。





うちにサーバントはいないのよ!!!!!!





と言ってしまう私。


だからこんなシャワー室噴射装置みたいなのを買ってきたのかしら。


根本的な解決にはなっていないと思うけれど、彼の好意と思って「ありがとう」と言っておきました。



でも「もっと掃除しろ、もっと綺麗にしろ」と言われるよりはマシなのかもしれない。ただ素朴な疑問。インドの学校って日本の学校みたいな「掃除の時間」ってあるのかな?いつもいつも「掃除はサーバントの仕事」って思って育っていると、将来一人暮らしや外国暮らしの時に掃除もできない人に育ってしまうのでは?と心配です。





にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
いつも応援してくださる皆さん、ありがとうございます。
スポンサーサイト

テーマ:国際結婚 - ジャンル:結婚・家庭生活

10 : 35 : 50 | アメリカ(生活) US Life | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<ブロッコリーをかじる女 | ホーム | フーセンガム>>
コメント
----

こんにちは。

インドやパキスタン、アラビア諸国の上部層となると、
ほとんどがやっぱり使いを雇ってるみたいですね!
私の友達で、自分専用の召使が居たよ、という人も多く居ました。
朝起きたらぼぉ~っと適当に突っ立っておけば、
使いがやってきて、着替えを済ませてくれ、
学校や仕事へのかばんの準備やご飯の用意、
すべてやってくれた、という人も居ました…。
その人、おかげで(?)掃除なんてできません(^^;
アメリカにわたってきて使用人が居ない今は、仕方なくやってましたよ~。

アメリカの洗剤はすごく聞くけれど、その分ちょっと体への影響も怖くて、
タイルの床は雑巾で拭き掃除をしていたら、
らくださんもちょっと驚いてました。
「昔ながらの方法でやってるんだね…」って。
モップも使わないのに驚いたんでしょうね…!
日本のようにコメのとぎ汁や新聞紙での窓拭きなど、
科学的にきれいになると証明されていても、
きっと彼らのことだから、信じてもらえないのでしょうね(^^笑
by: Eva * 2009/06/06 11:30 * URL [ 編集] | page top↑
--アジアカラーからのお知らせ--

突然の投稿失礼致します。

当方はアジアカラー[ http://www.asia-color.net/ ]
というアジア在住の日本人ブロガーさんによるブロガーさんの為の情報サイトを運営しております。
ご登録は無料になっており、ご登録後、記事が当サイトへ反映され、ブログのランキングサイトの様にアクセスを稼げる仕組みになっております。
(まだプレOPEN中ですので、今ご登録頂ければ、ランキング1位も夢ではありません)

当方の判断で素晴らしい記事を書かれているブロガーさんのみにご招待の投稿をさせて頂いております。
是非この機会にご登録頂ければ幸いと思いご連絡させて頂いた次第でございます。
宜しければ下記より、ご登録頂ければと思います。

登録ページ
http://www.asia-color.net/entry.html

突然の投稿にも関わらず、最後までお読み頂き有難うございました。
by: アジアカラー * 2009/06/10 18:22 * URL [ 編集] | page top↑
--Evaさん、こんにちは☆--

やっぱりサーバントがいていいこともあるだろうけど、掃除のしない子供に育ってしまうのはなんだかな?って思ってしまいますよね。

時々キッチンの床にお水やジュースをこぼしてしまうと、咄嗟に膝をつく感じで急いで床用雑巾でゴシゴシ拭いてしまうんだけど、夫にはそれがサーバントを連想させるみたいで、ちょっとした水でもモップを取りに行くんですよね~床を手でゴシゴシ・・・と言うのが信じられないみたいです。(いちいちモップなんかで拭くよりも雑巾でチャッチャッと拭けば大したことないのに~って思うんですけどね・・・)

なのでTARGETなどに行くと、いつも掃除のセクションで「これはどう? 先につけるウェットティッシュは使い捨てだって。使いやすいよ。」といろいろ掃除道具を薦めてくれます。便利なのはいいけれど、実際に使ってみると意外と端っこの方まで届かないとか色々あるんですよね、使わない夫には分からないか・・・とは思っていますが。
by: chiari→Evaさん * 2009/06/11 10:59 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://turtlan.blog118.fc2.com/tb.php/332-f944d81e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。